小顔矯正

成長とともに大きさの変わる顔!生活習慣も原因に?

投稿日:

昔は顔がすっきりと小さかったのに、成長とともに顔の大きさが変わってしまって大きくなったと感じる人もいらっしゃるかもしれません。

どうして成長とともに顔の大きさは大きく感じるようになってしまうのでしょうか?
生活習慣なども関係しているかどうかも解説していきます。

1.なぜ成長とともに顔の大きさは変わるの?

成長とともに大きさの変わる顔!生活習慣も原因に?
どうして子供の頃は顔がすっきり小さかったにも関わらず、大人になると顔が大きく感じてしまうのでしょうか?
子供の頃のままのサイズをキープすることはできないのでしょうか?
成長とともに顔の大きさが変わってしまう理由を見ていきましょう。

①:骨が成長する

顔の大きさが成長と共に変わる理由の一つは、骨が成長するということです。
頭蓋骨は23個の骨が組み合わされて形となっているのですが、成長期に体の骨と同じように成長すると言われています。

②:頬が分厚くなってくる

成長とともに変化するのは骨だけではありません。
年齢を重ねる毎に新陳代謝が悪くなり、頬の肉厚感が出て来ます。老廃物やむくみが溜まりやすくなったり、筋肉がこってきたりするようです。

これは顔だけに限ったことではありませんが、体も同じことがあてはまります。
そのため年齢を重ねる毎に顔の肉厚感が増し、丸みを帯びてサイズも大きく感じるようになります。

2.小顔を妨げている生活習慣

小顔を妨げているのは日頃の生活習慣も関係があります。。

普段している何気ない習慣も顔を大きくする一つの要因になっているかもしれません。

以下の生活習慣をしていないか見直してみてください。

①:食べ物を片側だけで噛む

食べ物を食べる時、左右の歯を使ってしっかりと噛んでいますか?

習慣で気付かずに片側だけを使って食べ物を噛んでいると、片側のあご周りの筋肉が発達して左右非対称になります。

そうなると顔が歪んで見えたり、エラが張って見えたり、大きく見えてしまいます。

②:頬杖をつく

スマホやパソコンをしている時に、知らない内に頬杖をついてしまっているということもありますが、これも習慣になっていると歪みへと繋がることがあります。

顔に歪みが発生することですっきりとしたバランスの良い顔には見えなくなってしまいます。

③:姿勢の悪さ

うつむきがちであったり、猫背など姿勢が悪いと顔にも影響を与えます。

首と顔は繋がっていますし、肩と首は繋がっています。

姿勢が悪いとアゴが前に出たり、肩こり、首こりになって来ます。そうするとリンパや血流に影響し、むくみやくすみたるみなどにも影響し、お顔のすっきり感がなくなってしまいます。

3.小顔になるためには

小顔になるためには、上述した生活習慣になっていないかをまず意識し、改善しつつ、自分で出来る範囲のセルフケアを行うおすすめです。

プロに任せるとすると小顔矯正サロンがおすすめです。小顔矯正は痛いイメージを持ちの方が多いのですが、最近ではソフトな小顔矯正のサロンも増えて来ているようです。

すっきりとした顔になって行くだけではなく、顔や体の左右バランスを整えることもやっているお店が多くあります。ご自宅でのセルフケア、サロンでのプロによるメンテナンスを組み合わせるとより相乗効果が期待出来ますね。

4.まとめ

成長とともに大きさの変わる顔!生活習慣も原因に?
顔の大きさは年齢と共に大きく感じるようになって来ますが、ケアをする方法はあります。

まずは、日頃の習慣付いている癖を改善しつつ、、自宅でのセルフケアや小顔矯正サロンでメンテナンスを行って行くことで徐々に昔のすっきりとしたお顔に近づいて行くかと思います。

ローマは一日にしてならず。継続的なケアやメンテナンスが大切ですね。


詳細はこちら

-小顔矯正

Copyright© 大阪小顔矯正おすすめサロンランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.